Translate

2016年1月15日金曜日

Unity,Clothでぷよぷよしたの転がしてくっ付ける・・あと一歩かな

くっついた時に「どっかーん」してしまう、大きさ問題は解決しました!
適当な数値じゃなくて、ちゃんと体積的な大きさでの結合にしたのと、
問題は、1度のオブジェクトどうしの衝突で、OnCollisionEnter()が
複数飛んできてたのが原因でした。
以下の処理で回避しましたが、最適解かはわかりません・・

 if(preCollisionObj != null) {
       if(preCollisionObj == collision.gameObject)
       return;
}

残る問題は、大きくくっつくとメッシュが凸凹になるんです・・
あとぷよぷよじゃなくて結構硬い感じになってしまいます。
仕方ないので、要調査は続きますが、
ここが解決できれば、何らかのゲーム作りに入りたいので頑張らねば!


とりあえず、今の所の状況は以下です




 ではでは

2016年1月8日金曜日

Unity,Clothで転がしてくっ付けるゲーム、ぷにょーんできました!

くっつく時にぷにょーんできました!
くっつく時に伸びて引き込むような感じです

衝突時に動的にClothに影響するSphereColliderの設定をしようとしたのですが、
うまくいかず思いついた、仕組みは玉の中に小玉を入れておいて、それを親玉にSphereCollider設定しておいて、衝突時に相手の位置に小玉を移動させ、lerpで
ゼロ位置にゆっくり戻す手法をとりました。



しかし!くっついた時に大きくなる処理を入れたところ ...

ドッカン!です
1.3倍にしかならないはずなのに・・おかしい
要調査です
ではでは。




Unity,Clothでぷよぷよするのを転がしてくっ付けるゲーム

ぷよ玉落とすのはやめて、転がしてくっ付ける事にしてみました。
また、Agar.io系に戻った感?
まだゲームのルールは決めていないけど、同じ色全部くっつけたら終わりとか、
ユーザーの玉が決まっていて、同じ色をくっつけなければならず、他の色と
ぶつかるとダメだとか、そんなところだろうか。
さらに上から追加が降ってくるのもありかな・・



床を前後左右に傾けて、玉を転がしてくっつけます。


やはり、以下のように玉と玉がくっつく時に”むにょ〜”という感じで、
もっと粘っこくすると雰囲気でるかもね
しかし、動的に生成したオブジェクトに影響するコライダーをセットできるだろうか、
試してみないとわからない。

一応ムービー
video
ではでは。

2016年1月7日木曜日

Unity,Clothでぷるぷるした落ちゲー・・最後のあがき

最後のあがきです
前回のものを床をロールする形に変えてみました・・

しかし、ダメです、無理ゲーです!
楽しくできる気がしません
なので、このタイプの落ちゲーは今回でおしまい


原因は、落ちてくる玉の動きを、しきりのところまでに傾きだけではコントロール
できない問いうことが問題です
とにかく楽しくない!

以下ムービー
video
 
ではでは。







2016年1月6日水曜日

Unity,Clothで落ちゲー・・続ダメゲー(仕分けゲー)

本日も失敗作でした。
前回のものを仕分けゲーに作り変えようとしましたが、
ゲーム性が悪すぎて、これではダメですね・・

落ちてくる、ぷよ玉を色に合わせて台を動かして仕分けして、
ある程度まとまると得点に・・、という仕様です。



しかし!これは台の動かし方が悪いのでしょう
台を速く動かすと玉が暴れてしまってどっかに飛んでっちまいますよ〜
現実にビー玉などでやっても同じ事になるだろうし、当然かも

一応摩擦係数とか、重さとかの調整とかしてみましたが、うまくいかなかったので、
根本を変えないとならないようです。
これではダメという事が解って良かったとします。






ムービー
video
ではでは。



2016年1月5日火曜日

UnityのClothで落ちゲーを作りかけたが・・ボツ

実験しているClothを使ってぷよぷよするオブジェクトで何かゲームができないかと、
落ちゲーぽいもの作ろうととりあえず取り組んでみた・・・。

しかし・・何かちがう。
ぷよがColliderで他のぷよと接触するとでかくなるという事にしてみたのだが、
デカくなってパンパンになって、どっかに飛んでいく〜〜
そもそもこういうのは3Dでやる意味がない気がした・・3次元でデカくなっちゃ
ダメだヨ・・という事でボツ。


デカくなるとメッシュが見える


ムービは以下
video
今日はここまで。
ではでは。

2016年1月3日日曜日

Dominations レベル64

Dominationsでは、ここ3か月くらい遊んでいます。
石器時代から宇宙時代までということだけど、今の自分は火薬時代。
しかし兵力強化が済んでいないので火縄銃兵以外は中世時代の兵力のままで攻撃力弱々。
たまに画面晒します。

これは1か月ほど前にworld warというギルド対戦が始まってからより多く遊ぶようになりました。画面は以下な感じで、はっきり言うとクラクラのコピーじゃないか?と思えます・・。 ま、楽しめるからいいか・・。


画面は2D描画だと思う。サクサク動くところが良いね。
しかし、こういうのはまず作れないな・・膨大な絵とか設定とか・・そしてサーバーいるし、クラウド系は立ち上げは楽になったけど、個人じゃ責任持った運営ができないし。

UnityのClothでAgar.ioを3Dイメージでちょっとだけ・・

最近時々遊んでいるゲームの Agar.ioをイメージしてみました。
Agar.ioでは玉は養分として吐き出して相手に食べてもらったりと駆け引き
に使うのだが・・
結局今回はAgar.ioとは違って、玉は相手のプヨにぶつかって突き抜けます・・
で、玉が出るときとかぶつかる時にビニョーンとなるようにしてみたかっただけでした、
まだ実験は続いています。

以下は赤いプヨが玉を打ち出して、オレンジのプヨにぶち当てた瞬間ショット。

アニメGIF(15sec)
ムービー(33sec)
video

プヨが玉の衝突によって歪む設定はClothコンポーネントの SphereColliders で設定
ここに玉(bullet)を設定することによって接触時にうねるようになります。

Clothが何かにぶつかって影響を受けるには、このSphereColliderとこの上のCapsuleColliderのどちらかで設定します。